板戸絵制作

2017年11月1日よりオープンするゲストハウス「khaki Guesthouse|カーキ・ゲストハウス」。
京都の二条城からほど近く、二条通りに面して佇む築120年ほどの京町家を改装した、一棟貸しスタイルの旅館です。

改装は、ENDO SHOJIRO DESIGNの遠藤さんと多田正治アトリエの多田さんによる共同設計。
外観の佇まいはそのままに、なかに入ると京町家のもつ中庭のある構成を活かしながら、古い土壁や木軸組のもつ空気を湛えたデザインとなっており、落ち着いた雰囲気とスケール感をあじわえる空間です。
そして、オーナーさんセレクトによる調度品やその設えもその空間に融和し、京町家のなかでゆったりとした時間を過ごしていただけます。

今回の板戸絵は、そのゲストハウスのエントランスを入った内側の扉として、設計者の遠藤さんより依頼を受け、改装のコンセプトにお応えしながら制作したものです。
板戸絵の詳細につきましては、以下のページをご高覧いただけましたら幸いです。

http://yurinamisaki.com/machi-matsu/

 

また、下記のリンク先(youtube)で映像を通して実際の宿の雰囲気を体験していただけますので、ぜひ合わせてご高覧ください。

映像制作は松村康平さん。
音楽は京都の若手打楽器デュオ、tetr+α(テトラ)さん。

設計された遠藤さんのコメントをご紹介しておきます。
(上記リンク先のyoutubeページより引用)

”京都、二条城の近くにある築約120年の町家を一棟貸しのゲストハウスとして再生した。幾度かの増改築を経ているが、典型的な総二階建の京町家のつくりである。
まず、奥深い敷地の長手方向に、坪庭や離れも含めて5分割されているプランのうち2カ所を解体し、奥行への抜けと上下のつながりをつくり出した。その5つについて、古さを残す部分と新しくする部分とをそれぞれ考えた。各空間は、フスマを参照した引戸を用いることによって分割したりつながったりする。新旧のコントラスト、引戸による分割と接続によって、各部屋、土間・庭と奥に向かって5つの空間を体験することとなる。また2階では、引戸を開け放つことで、屋上庭園、吹抜とブリッジを介して3つの寝室が一直線につながる空間となっている。
先人のつくりあげた建築や空間の力強さと繊細さを補完し強調することで、古来の町家の形式を継承した古くも新しい建築ができあがった。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA